お問い合わせ

円滑な退職方法

退職手続

良い求人を見つけ、転職活動を行い、無事内定を得ても、転職活動はそこで終了ではありません。どうせなら気持ちよく今の職場を退職し、次に行きたいものです。ある程度時間にゆとりを持って、会社側のことも考え、退職手続を行うことをお勧めいたします。

退職を伝える時期

退職する場合、退職を希望する日から2週間前までに伝えれば良いとされています。しかし、会社によっては就業規則で1ヶ月前に報告するよう義務付けている会社もあります。実際にいつまでに退職届けを提出すればよいのでしょうか。
当サイトでは1ヶ月前までに退職の意思を伝えるべきだと考えます。これは、会社側が代わりの人材を探す時間や、社内の体制を整えるのに必要な時間だと考えます。
逆にもっと長く必要だと会社から言われた場合はどうでしょう。この時は、毅然とした態度で次が決まっている旨を伝え、「こちらの生活もあるので、申し訳ありませんがいついつまでで退職させてください。」と話をしましょう。
ただし、シフトの状況(例えば15日締めの会社で20日に辞めたい)によっては、管理者と良く話を行い、相手の都合も考えることが必要です。

退職を伝える相手

退職することが決まった場合、仲が良くても職場の仲間に伝える前に、管理者に伝えるべきです。
管理者も他の人つてで伝わってしまった場合、良くは思わないです。また、職場にも悪い影響があると思えば、順序を間違わないようにするべきです。
また、転職活動中にも、転職活動をしている旨は、出来るだけ職場の人には言わない方が無難です。もし、あなたが転職すべきか悩んでいる場合であれば、直属の上司もしくは、管理者に相談することは悪いことではありません。しかし、退職を決意しているのであれば、むやみに職場の人に話をせず、紹介会社など、秘密を守れる方に相談してください。