お問い合わせ

初任者研修を取得するまで

 

介護職の資格

介護職の資格といえば、

初任者研修(旧ヘルパー2級)
実務者研修
介護福祉士

が大きな3つの資格です。業務によっては、無資格でも働くことは可能ですが、現在勤務されている介護士の多くが初任者研修以上を取得していますし、資格を持っていないと仕事を見つけるときにハンデとなってしまいます。
介護職をスタートするときに初めに取得することが多い、初任者研修はどのように取得していくのか紹介いたします。

学校の費用

初任者研修は、勉強して試験を受ければ取得できる資格ではなく、通学が必要となります。初任者研修を行っている学校は多くあるので、最寄りの学校に申し込めば良いと思いますが、費用が学校によって異なります。

A学校:59,500円〜
B学校:90,000円〜
C学校:63,000円〜
※平成28年4月27日、ミライズの調査による

各学校では、いろんなキャンペーンを行っているので、上記よりも安いこともあれば、エリアによって高くなる場合があります。費用については、

教育訓練級金制度
母子家庭自立支援給付金制度

など、受講料の一部が返ってくる制度や、企業によっては資格取得支援制度を設け、本人負担の全額もしくは一部を負担してくれる制度もありますので、キャンペーンや助成金、福利厚生の制度をお調べになり、選ぶことをお勧めいたします。

取得までの時間

初任者研修は学校によって、授業期間や授業日数、授業時間が異なります。

授業期間:2か月〜4ヶ月

授業は週1日のクラスから週3日など、様々な設定を設けている学校が多いです。すぐに取得したい方や働きながら取得したいなど、その人にあったカリキュラムを選択してください。

授業日数:15日〜17日

これは、オリエンテーションや修了試験を授業と同日に設定している学校や、別の日で設定している学校があるので、通学日数が異なります。

授業時間:92時間〜94時間

学校によって、授業スケジュールが異なりますが、授業時間はそれほど大きくは変わりません。

授業の内容

初任者研修は、基本教室と呼ばれる部屋に10名〜15名程度の生徒が集まり、一人ないし二人の講師が授業を行います。

授業の内容としては、座学がメインとなり、車いすや介護ベッドを利用して、実践を行うこともあります。例えばベッドの上で髪の毛を洗う方法や、足を洗う方法、車いすに乗って移動するときの声かけや段差の乗り越え方等。歯磨きをそれぞれしあうなど、いざ実践してみると、介護する側よりも介護される側の気持ちがわかります。

参加される生徒は、年齢や性別もバラバラですが、複数人数のグループでの実践等もあり、仲良くなって、連絡先を交換したり、ランチや飲み会を開いたりするケースもあります。

特にこれから介護を行っていく人や、介護を始めたばかりの人は、同じ状況の知り合いができ、会社の仲間や上司に相談しにくいことを、愚痴ったり相談できる友人を持つことができるのは、長く仕事を続けていくことの支えになります。